小豆島元気ブログ

ホーム小豆島元気ブログ新緑の猪谷池から霊場第18番石門洞へ

2017年05月05日

五月のさわやかな風が島を吹き抜け、眩しいくらいの新緑が山々を彩り、豊かな自然が心と身体を癒してくれます。 今日は渓谷美で有名な寒霞渓の中腹にある猪谷池と島八十八ヶ所の第18番石門洞に行ってきました。
 豊かな水をたたえて水面に山々を映し出す猪谷池からの景色は、新緑の中に1300万年前にはじまった火山活動とその後300万年から500万年かけて堆積し浸食されて形成された島の地形を現す集塊岩からなる奇岩が美しく、青い空と白い雲もまたきれいでした。

猪谷池の畔から!



寒霞渓裏八景「螺貝岩」(ほらがいわ)


寒霞渓裏八景「二見岩」




寒霞渓裏八景「大亀岩」


寒霞渓裏八景「幟岳」


新緑の中、長い坂道を登って島八十八ヶ所第18番札所「石門洞」に着きました。
ここは名前の通り山岳霊場でお堂が岩山の崖の空間に造られ、寒霞渓の山頂に続く山道が巨大な石門をくぐって続いています。春の新緑!秋の紅葉が美しく、島の写真スポットとしても有名です。



第18番札所石門洞



「石門」
自然が創り出した崖をくり抜いた巨大な岩のゲートのような石門!



小豆島は海山の豊かな自然に恵まれ、見どころがたくさんあります。既存の観光だけでなく島の自然や歴史や文化、産業に自分の足で歩いて触れて、五感で島の魅力を体験していただきたいと思います。本当に今島は春の活き活きとした生命力が満ち満ちています。あなたも是非島を訪ねてみてください。


小豆島元気ブログトップ

このページの先頭へ