小豆島元気ブログ

ホーム小豆島元気ブログ迎春!島の元旦

2018年01月02日

あけましておめでとうございます。
小豆島は天候に恵まれ穏やかな新年を迎えました。
今年も島の豊かな自然や歴史・文化、伝統産業等の身近な生活の中にある本物の魅力を発信していきますのでよろしくお願いします。
 新春最初は私の住む二十四の瞳田浦半島の堀越という小さな集落の迎春風景をご紹介します。

堀越荒神さん



金毘羅さん
堀越荒神社の敷地内にある金毘羅さん!
堀越は南に海を持ち小さな入り江にある集落ですが、昔は海運業が栄えていたようです。
ここに海を守る金毘羅さんが建てられています。


狛犬
荒神さんの石段を登ったところに立派な狛犬があります。
寄進年 安政6年(1859年) 
出身地 なにわ
材 質 砂岩製
石 工 不明特徴
寄進者 明曜丸米太郎富村舩水主中(正月家)喜賽丸芳太郎富村舩水主中(壷井家)
特 徴 体長56cm 海に向かってみごとな口を開けて吠えている。浪速狛犬蝦蟇型。かつての    海運業の繁栄を語っている。

 



堀越荒神社から見た堀越分校跡!
 今は校舎はなく運動場として残っています。この写真の正面の隣接した建物が詩人壷井繁治の生家で、奥さんが小説二十四の瞳を書いた作家壷井栄です。壷井栄はここの二階の窓から堀越分校の日々の様子を見ながら、あの小説二十四の瞳の構想を膨らませたといわれています。小説に出てくる岬の分教場の中で子供たちが四年生まで岬の分校に通い上級生5~6年生なると本校に歩いて通っていたことが書かれていますが、それは当時の堀越分校そのものの風景です。
 私の子供の頃は廃校になっていましたが、建物は残っていてここを遊び場にして小さな運動場で手作りのバットで野球をしたり、ビー玉や縄跳びで遊んでいた記憶があります。



堀越の全景



ワンワン石
堀越の西海岸にある犬の形をした大きな岩。堀越では昔からワンワン石と言われています。


堀越の東海岸は砂浜が伸びていて海の守りえべすさんがあり、夏は海水浴場、正月行事のとんどが行われる海を感じながらのんびりとできる住民の憩いの場所です。




小豆島元気ブログトップ

このページの先頭へ