小豆島元気ブログ

ホーム小豆島元気ブログ島の小正月のとんど焼き

2018年01月16日

小正月の伝統行事「とんど」が1月14日の夕方堀越のえべっさん前の浜辺でありました。
昔は子供の行事でしたが、少子高齢化が進み集落の子供が少なくなり途絶えていた「とんど」を10数年前に消防団で復活させ、今では集落のお年寄りから子供までが一つになり楽しむ行事になりました。 そして、寒い時期ですから温かなおでんとぜんざいのお接待を堀越に移住してきた若者と堀越生まれの若者でつくる堀越会が担当しており、地域内に増えてきた空き家活用プロジェクトに取り組んでくれている早稲田大学古谷研究室の若いスタッフも参加して、前日の夜から堀越庵でおでんとぜんざいづくりをして、とんどの組み立て、とんどの運営までを中心になって行っています。
 今年は一日晴れて風もないこの時期にしては暖かな天候にも恵まれ、午後5時からお接待を行い、5時30分から自治会長があいさつをし、来賓の塩田町長さん、そしてこの浜辺に新たな宿泊施設を中心としたプロジェクトを展開する島で一番の人気の宿島宿真里の真渡社長のあいさつをいただいて、とんどに点火しました。
 とんどの火はすぐに勢いよく真っすぐ天に向かって燃え上がり、その火を集まった堀越の人々が心を一つにして見つめ、堀越の里の平安と無病息災を祈念しました。


















小豆島元気ブログトップ

このページの先頭へ